東京都府中市・小金井市・調布市・多摩市・稲城市・日野市・国立市・八王子市・国分寺市・西東京市・世田谷区・杉並区・渋谷区・川崎市

体と心=自分を変え、空間との調和をはかり、エネルギーを通し流していきます【体の質=動きや姿勢、状態の変化:心の質=持ちよう、置き所:空間との調和=距離感、重量感:エネルギーを流す=しなやかさ】

FrontPage

H.Pはこちらに移動しました
https://kbalance2002t.wixsite.com/balancespace

全体H.P修正中です:こちらも残しておきますが上記ホームページで更新されております

ハンドで体に入力 TRX背骨の意識 動きを自分で知る 足腰~手、力のつながり 脳と体の連動 軸感覚 屋外で空間との調和

[check]新し動き・姿勢を身に着ける
[check]自分の身体の機能や能力を引き出す
[check]心身を環境に合わせられる
[check]日常に活かせる
[check]症状・状態・パフォーマンスを変える

あなた自身の身体の機能や能力は多くの可能性があり、あなた自身で日常に活かせ変化ができます

大きなポイント

  • 緩み
  • 楽しむ
  • 自分に(身体に)意思気を向ける
  • 感じる
  • 能力があると自分に期待している
  • 囚われ、固定概念を捨てる

なぜそうなのか?

  • 赤ちゃんや子供の時は
    力が抜けて緩んでいて
    楽しんで動きを感じ
    次はどうなるのか?どんなことが起こるのかなど自分に期待していて
    自分はこうだ!こういう動きをしなければならないらない!という囚われや固定概念がない。
    しかし大きくなるにつれ、
    力で何とかしようとする
    楽しむより、頑張ること、形にハマった、パターン化した(癖)思いで動き
    次はこうなるからこれが限界だな!と自分に諦めて
    こういう動きをしなければならない!こう習った!という囚われや固定概念で固まる

大きくなるにつれ自分の身体機能、身体感覚の能力を忘れていってきてます。

  • 忘れたも機能や感覚の能力を自分で引き出して、日常に使えるような姿勢や動きに戻して、もっと広く自由に、楽に(効率よく)、無理なく多くの動きのパターンを感じて身に着ける。
    そして
    環境と状況に合わせられる身体になり、そこにうまく合わせられる動きや姿勢になるように自身の機能や感覚の能力を開発・向上していただきます。''

}}

また、そこには身体と同時に心との関係性もみられます。身体の姿勢や動きは心の姿勢や動きでもあります。

  1. 身体からくる情報を脳(心)が一方的にこうしなさいでは、さきほどの環境との調和はできません
  2. 人やモノ、空間(場)との関わり合いも自分勝手に命令するような感じなります
  3. こうなると、人もモノゴトモ、空間(場)もうまくいきません
    ということは無理したり、無駄なことをしたり、歪みがでたりして、心地よく・落ち着いた状態の流れになりません
  4. 心地よく・落ち着いていられるためには、身体だけでなく脳(心)の在り方も大切であり、それは一体であり、さらに言えば個(自分)となります

トータルの目的は、身体も心も整え、環境と調和して、全体に無理無駄なく、心地よく落ち着いて楽しくバランスよく物事や状態がみえ、姿勢や動きをうまく捉えていけることを目的としていると言えます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional