東京都府中市・小金井市・調布市・多摩市・稲城市・日野市・国立市・八王子市・国分寺市・西東京市・世田谷区・杉並区・渋谷区・川崎市

体と心=自分を変え、空間との調和をはかり、エネルギーを通し流していきます【体の質=動きや姿勢、状態の変化:心の質=持ちよう、置き所:空間との調和=距離感、重量感:エネルギーを流す=しなやかさ】

取り組み方

取り組み方として

  • 最終の目的や結果をすぐに求めず、過程や今ある目標を大事に

何かを変えるとき、自分自身の考えにないことをやらなければなりません。
しかし私たちは、今までの情報や経験値から物事を捉えます。

それが癖です(体も思考も)

しかし癖は
・パターン化している
・考えなくても出来る
したがって
不都合のパターンも考えなく行える
しかも

そのパターンを手放すことを嫌がります
そこを感じ、知りながら、

不都合パターンを都合よくするためには時間がかかる場合もあるということです。

・では質問です(遊び感覚で)!
let'sチャレンジ
実際日常でもそんなパターンや自分の癖があるか?考えたらあるでしょうか?(私もたくさんあります(^^ゞ)・・・?(^^)

  • 集中して取り組もう

一緒に取り組むにあたって、漠然と言われたことをやるのではなく、そのことをどう感じるのか、どう変化したのかを自分なりで良いので、集中して感じてみましょう。(ただ呼吸を止めたり緊張してまで集中することはないです。力みと集中は違いますので)

当然、良くないと“感じる”変化もあるので、何が気になるのか、何が良くないと感じるかも知りましょう。そして、それを遠慮なく伝えましょう!。(そこからまたどうしたら良い方向に進めるのかの提案もできますので)

  • 小さい変化も見逃さず

色々体感していると
「なんか変だぞ?」「右脚が軽いぞ」「左右違うぞ」「膝が動きやすいぞ」「指に重さを感じ立ちやすい」「内側に力が通る感じがするぞ」
逆に「動きずらくなったぞ」「ここが詰まるぞ」「背骨の真ん中で動きが止まるぞ」
など小さい変化もあります。

それは今まで感じられなかった、もしくは漠然としていたものが明確に捉えられた証拠です(感じ、気づけたということです)

そこが変わる1つの進歩で、チャンスでもあります。その時は自分で感じてください。さらに言葉にするのは難しい時もありますが、こちらに伝えてください。
そこからどうしてなのか?次にどうしたらいいかを考えていきましょう。

・今からすぐ自分の動きや姿勢を感じることはできますよ!
楽しんでチャレンジしてみましょう
今自分はどんな感じか?どのような状態か?を感じてみましょう。
普段気付かなかったところに意識や感覚がいくかもしれません(^^)
但し、そこから自分でどうしようとか、無理やり抑えつけない方が良いとは思います。(何故か?まだ自分の癖やパターンしか知らず他の選択肢を選べないから)

  • 楽しくチャレンジ

何かを変えるとき、自分自身の考えにないことをやらなければならず、しかも癖のパターン化をして、さらにそのパターンを手放すことを嫌がると書きました。
そして不都合の癖のパターンを都合よくするためには時間がかかる場合もあるということも書きました。

正直、結構大変に感じる場合もありますし
「言ってることがわからない」「言ってること自体はわかるけど、動かない」など多くあります。そのような場合必要以上の力や別のところにも力が入ったりします。しかも必要ではないところに力を抜いてとか、力を使わないでとか、さらに訳もわからないことを言われたりしますので、かなり心身共に混乱します。
当然頭も使われるので疲れると思います。

ここでは、つらいと思うより、これらは今までないことを学んでいる、もしくは記憶に眠っている能力を引き出している証拠なんだと!
楽しんでチャレンジしていただきたいです。

できるできないに、余り囚われすぎないでほしいのです
新しいこと忘れたことをやろうとしているので、できないのは普通です。
それよりやること(チャレンジすること)を楽しんでもらいたいです。

集中はしますが、常に堅く真面目すぎなくてもいいです(^^)

できないことも「できね~」くらいに面白がるくらいがちょうどよいと思います。(でも取り組むときは集中して感じてください。遊びじゃないのでメリハリはつけましょう)

・変わるかな?(変わる変わらないに囚われずに遊び感覚で(^^))
enjoy!チャレンジ
両手を万歳のように速くではなく普通かややゆっくり挙げていきます。(2,3回)
同様に片手ずつ挙げてみましょう(2,3回)
では、左手の指で右の首、肩、脇、腕~手まで内、外、前、後ろまんべんなく軽くトントントンと強くなくタップしましょう(強くなく叩きましょう)
(逆からでも良いですよ)
ある程度(30秒から1分くらいかな)叩いたら、右を挙げ、左を挙げどう違うか(変化したか)を味わってみましょう(反対からやった方は左から)(^^)両手も挙げてみても良いでしょう!
逆側も行い合わせましょう。

  • 自分勝手ではなくお互い受け入れ話し合えること

あなたは、変わりたいという想いや願いがあります

一方それとは裏腹に今のパターンから変わりたくないという癖もあります

そう、気づいてないにところで・・・
それは、
・こちらの提案を否定、拒否する(自己流や誰かから教わったこと通そうとしたり、自分なりの考えを通そうとしたりなども)
・自分の言い分ばかりを言う
・すぐに良くなりたい(変えたい)
・テレビや本などの知識を言う
・自分からやろうではなく、やってやるという感じややらされているという感じで行う
など

これらは変わりたいという言葉や意思に反して、変わりたくない、今のパターンから抜け出したくないということの表れです。

ここは、あなたの言い分を聞く場でもなければ、知識をひけらかす場でもないですし、はたまたあなたのやり方を見せる場でもないです。
そのような方は、そのようなことを披露できるところに行かれることをお勧めします。

または上下の関係で上に立ちたいのであれば、そうなるところに行くことが良いでしょう、逆に言われるがままで良ければ、こうしてくださいなどと指導してくれるような場所が良いと思います。

当スペースでは一緒にどうしたらいいかを取り組みたいですし、ご自身で感じて、知り、変えて、心身の深さや面白さを知っていただきたいという想いでもいます。

そのようなことで、当スペースと一緒に取り組めない、その過程を楽しめない方は変えにくいと思いますし、そうでなければドンドン能力を引き出せると思います!

  • 実は当スペース以外での過ごし方が重要だったりします

自分を変えるには、常に自分と向き合える(体や心を感じている、どう捉えている)ことが大切です。

バランススペース心・体で行ったこと、感じたこと、知ったことを、日常で行ったり、感じてみることにチャレンジすることが、あなたを変える大きな要素でもあります。
少しでも行ってみてください(全部でなくてもその時に自分が思い出したことで十分です〈そこにはしっかり記憶されていることなのですから〉)

また、ある時当スペースでやって感じたことが思い浮かんだときはチャンスです。きっとその時同じ体験または感覚を味わえているのかもしれないので、そこで学べることができたり、日常に活用できたりします。

繰り返すことで、感じや感覚だったものが強固に記憶され意識として捉えられるようになります。

  • 来る日にちは自分で決めて

バランススペース心・体は、主役はあなたであり、あなたがより良く動ける、無理なく使える、考え・発想が固まらずに動けるようになって、日常でも心地よくいて欲しい事を目的にしているので、来る日にちも自分の心身の感覚として自分はいつがいいか?日常を心地よくいるためにはどのくらいがいいか?ということで自分で決めていただきます。(こちら側それに対して基本何も言いません)
そのため、こちら側から特別に「次はいつにしますか?」とか「次はいつ来てください」とは言いません。

あなたが決めてください(その日でも良いですし、後日でもいつでも構いません。それもあなたが決めることです)

*こちら側から気になる方、どうしても決めらない方には「このくらいの期間でどうですか」と提案はしますが、あくまで提案であり、それを受けるか受けないかを決めるのもあなたが決めてください
例えば
・毎週お越しになる方もいます→
:ここに週1で来ることで、自分心身がリセットされ、1週間のリズムが良くなる
:仕事の効率が良くなり1週間のリズムとして捉えている
・2週間に一度の方もいます→
:膝の調子が悪く動きにくかったので、自分で何か変えられないかという相談から初めは週1だったのを少しずつ良くなり今は2週間に1度くらいが良いと感じている。
(ゆくゆくは3週間に1度、さらにどんどん期間を長くして、来ないでも良くなるようにしたい)
・月1の方もいます→
:定期的なメンテナンスと状態の確認
:片足立ちがフラついてできない、バランスがとれなくそれらを自分自身で変えたい、ゆっくり焦らずやりたいということで月1が丁度良いリズムです
(この方には体感したこと感覚や情報を記憶させるために、家でも少しずつ行ってもらってます〈というよりご自身で変えようとやってくださってます〉)
・2か月に1度、半年に1度の方もいます
それぞれ、その時その時の状態の目的によりお越しなられています

変わる度合いは人それぞれで、自身でそれで良いと思われている期間でお越しなられています

  • 通うことを目的にしないで

初めは、何かを変えたいという目的で当スペースに来られると思います。
しかし、だんだん本来の目的から離れていき、ここに常に来なければ変われないという依存的な考えになる可能性があります。
それでは、

あなた自身が変えることではなくなり、当スペースが何かしてくれるという受け身的なものとなり、ここがなければ不安になるとか変われないという関係性になってしまいます。

当スペースはあなたが変えるためのツールでしかありません
沢山ツールを利用していただくことは結構ですが、あくまで自分で変えていくという積極的な意識をお持ちになられてください

  • 合わなければ、合う所探そう

無責任に思われるかもしれませんが、バランススペース心・体では、
あくまで、ここでのツールを使った取り組み方です。

様々な療法やセラピー、ケア、エクササイズやメソッド、ボディワークなどがあり、それらの1つでしかありません。

スペースが“全て”だとか“ここに来れば良い”とは言い切れません。

あくまで、ここでの取り組みなので、もっと他に合う場合もあるかもしれませんし、ここでは「う~ん」ということもあるかもしれません!
そのような場合は、遠慮なく他を探したり、合う所が見つかればそちらに移行されてもかまいません。
ご自身が変われる場所、合う場所に行かれることが、こちらも良かったと思います。
もちろんまたお越しなられても、喜んでお引き受けしますよ(^^)

これも、あなたが決めることなのですから

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional